【11月11日~】機能性表示食品「岩下の新生姜」コラボメニューを 丸の内タニタ食堂・タニタカフェ有楽町店で期間限定で提供、同時に「岩下の新生姜 歩数計」も発売。

画像:「TANITA×岩下の新生姜」11月11日岩下の新生姜の日記念コラボレーション

岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下 岩下食品)は、代表商品「岩下の新生姜」が機能性表示食品となったこと並びに岩下食品が制定した11月11日『岩下の新生姜の日』を記念し、健康総合企業の株式会社タニタ(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:谷田 千里、以下 タニタ)、株式会社タニタ食堂(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:上木 知規)と、ぽかぽか&健康をテーマにしたコラボレーションを実施します。

「丸の内タニタ食堂」と「タニタカフェ有楽町店」では、「岩下の新生姜」の風味や食感を生かした特別メニューを2019年11月11日(月)から期間限定で提供します。「岩下の新生姜」を主菜、副菜、麺のトッピング、ドレッシングにソース、そしてドリンクにまで使用し、タニタ流に美味しく、栄養バランスを考慮したメニューには、さまざまな形で生姜を摂るためのアイデアがいっぱい詰まっています。本格的な寒さを迎えるこれからの時期に、「岩下の新生姜」メニューでぽかぽかを応援します。

コラボメニューの提供にあわせて、「岩下の新生姜」のパッケージをモチーフにした『岩下の新生姜 歩数計』を、11月9日(土)に岩下の新生姜ミュージアムで先行販売、11月11日(月)からは岩下食品の関連ショップ、タニタオンラインショップ、丸の内タニタ食堂、タニタカフェ有楽町店とヴィレッジヴァンガードオンラインストアで販売します。

「丸の内タニタ食堂」と「タニタカフェ有楽町店」のコラボメニューを岩下食品・岩下社長とタニタ・谷田社長のふたりで実食した感想などを、コラボメニュー提供初日の11月11日(月)にツイートする予定です。
岩下 和了 @shinshoga
タニタ公式Twitter @TANITAofficial


「丸の内タニタ食堂」で岩下の新生姜を使用した週替わり定食を2週にわたり提供

「丸の内タニタ食堂」では、11月11日(月)から11月23日(土)まで、主菜の食材に「岩下の新生姜」を使用した週替わり定食(主菜、日替わり副菜2品、ご飯、汁物のセット)をランチタイム限定で提供します。※食数に限りがあるため売り切れの場合はご了承ください。

11月11日から16日までの6日間は、『岩下の新生姜おろしそバーグ定食』(1,150円・税込み)を提供。ハンバーグのタネとドレッシングにそれぞれ「岩下の新生姜」を使用することで、シャキッとした食感が楽しめ、塩を使わずに岩下の新生姜の塩味と爽やかな辛み、香味野菜の香りを生かして奥行きのある味わいに仕上げました。

11月18日から23日までの6日間は、『岩下の新生姜肉巻き 新生姜油淋ソース定食』(1,150円・税込み)を提供。岩下食品が運営する「岩下の新生姜ミュージアム」の名物メニュー、「岩下の新生姜肉巻き」をタニタ食堂流にアレンジし、ヘルシーに仕立てました。

11月11日~16日 岩下の新生姜おろしそバーグ定食 1,150円(税込み)
11月18日~23日 岩下の新生姜肉巻き 新生姜油淋ソース定食 1,150円(税込み)

▼丸の内タニタ食堂
https://www.tanita.co.jp/shokudo/

画像:丸の内タニタ食堂「岩下の新生姜おろしそバーグ定食」
画像:丸の内タニタ食堂「岩下の新生姜肉巻き 新生姜油淋ソース定食」
画像:「丸の内タニタ食堂」外観

「タニタカフェ有楽町店」は独自のカフェメニューで岩下の新生姜の魅力を表現

「タニタカフェ有楽町店」では11月11日(月)から12月3日(火)まで、イートイン限定で『岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー』(1,180円・税込み)、『岩下の新生姜入りの柚子ジンジャーエール(アイス)』(330円・税込み)、『岩下の新生姜と柚子のはちみつHOTティー』(330円・税込み)を提供します。

『岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー』は、白湯ベースの豆乳スープのフォーに、岩下の新生姜の天ぷらを合わせました。1日の野菜摂取量(約350g)の約2分の1の量(約175g)を摂れるたっぷりの野菜に、新生姜天の爽やかな辛みがアクセントとなり、飽きの来ない美味しさに仕上げました。「岩下の魔法生姜(岩下の新生姜パウダー)」をお好みで加えることで生姜感をより楽しめます。

『岩下の新生姜入りの柚子ジンジャーエール(アイス)』はみじん切りにした「岩下の新生姜」とゆずジャムを合わせたさっぱりとした味わいが特徴の冷たいドリンク。『岩下の新生姜と柚子のはちみつHOTティー』はみじん切りにした岩下の新生姜にはちみつを合わせ、ピリッとしつつもほんのりと甘みを残したやさしい風味のホットドリンクとなっています。

11月11日~12月3日 岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー 1,180円(税込み)
岩下の新生姜入りの柚子ジンジャーエール(アイス) 330円(税込み)
岩下の新生姜と柚子のはちみつHOTティー 330円(税込み)

▼タニタカフェ有楽町店
https://www.tanita.co.jp/tanitacafe/

画像:タニタカフェ有楽町店「岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー」
画像:タニタカフェ有楽町店「岩下の新生姜入りの柚子ジンジャーエール(アイス)
画像:岩下の新生姜と柚子のはちみつHOTティー
画像:「タニタカフェ有楽町店」外観

コミケで話題!『岩下の新生姜 歩数計』を着けて歩いてぽかぽかに

『岩下の新生姜 歩数計』は、「岩下の新生姜」のパッケージをモチーフにしたユニークなデザインが特徴で、2019年8月に開催された「コミックマーケット96」(コミケ)で限定販売して話題となった商品です。今回のメニュー提供を記念し、タニタと岩下食品それぞれの関連ショップで特別販売します。

11月9日(土)には岩下の新生姜ミュージアムで先行販売、11月11日(月)から岩下食品オンラインショップ、岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原(和Style.Cafe AKIBA店内)、丸の内タニタ食堂、タニタカフェ有楽町店、タニタオンラインショップ、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアで販売します。

価格は3,300円(税込み)。初期設定をせずに使用でき、3D(3軸加速度)センサーを搭載しているため、身に着ける場所を選びません。ストラップがわりに使ったり、バッグなどに付けても使用できます。大きさは幅36mm、高さ73mm、奥行12mm、重さは約28g(電池含む)。

▼岩下の新生姜ミュージアム
https://shinshoga-museum.com/
▼岩下食品オンラインショップ
https://www.shinsyouga.com/
▼岩下の新生姜ミュージアムショップin秋葉原(和Style.Cafe AKIBA店内)
https://iwashita.co.jp/news/museumshop-in-akihabara/
▼丸の内タニタ食堂
https://www.tanita.co.jp/shokudo/
▼タニタカフェ有楽町店
https://www.tanita.co.jp/tanitacafe/
▼タニタオンラインショップ
https://shop.tanita.co.jp/
▼ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
https://vvstore.jp/

画像:岩下の新生姜 歩数計(本体)
画像:岩下の新生姜 歩数計(パッケージ)

岩下の新生姜は「機能性表示食品」になりました

岩下食品は、代表商品「岩下の新生姜」(80g・150g・220g)を機能性表示食品として消費者庁に届け出・受理され、機能性表示入りデザインにパッケージをリニューアル、2019年11月初旬から全国で順次販売を開始いたします。

「岩下の新生姜」には、ショウガ由来ポリフェノールが含まれています。ショウガ由来ポリフェノールは、ショウガに含まれる天然由来の成分で、寒い季節や冷房条件下において末梢(手の指先)の体温を維持する機能があることが報告されています。

栃木県内初、また、生姜酢漬け商品としても初の機能性表示食品となります。

気温が低く寒さが厳しい冬も、冷房などでからだを冷やしがちな夏も、おいしく手軽に食べられる「岩下の新生姜」でぽかぽか生活を応援します。
画像:「岩下の新生姜」機能性表示食品パッケージ
画像:「岩下の新生姜」盛付例

▼「岩下の新生姜」機能性表示食品パッケージを 11月初旬から全国で順次販売開始~ショウガ由来ポリフェノールが末梢(手の指先)の体温を維持~|岩下食品
https://iwashita.co.jp/news/191010_shinshoga_kinousei/

▼「岩下の新生姜」商品情報|岩下食品
https://iwashita.co.jp/products/shinshoga/

『岩下の新生姜の日』とは

岩下食品では、冬の足音が近づくこの季節に、さまざまな料理に活用でき美味しく手軽にたっぷりと食べられる「岩下の新生姜」でからだをぽかぽか温めてもらいたいとの想いから、『岩下の新生姜の日』を制定しました。「岩下の新生姜」は、独自の栽培方法で細長く独特な形に育てる生姜を使用しており、その見た目が数字の1に似ていることから、食卓にたくさん並んだ新生姜を11月11日に見立てました。
画像:11月11日は岩下の新生姜の日
▼一般社団法人日本記念日協会
http://www.kinenbi.gr.jp/

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

岩下食品株式会社 企画開発部
Tel:0282-223353

前の記事へ
次の記事へ
ニュースリリース一覧

関連情報

pageTop