【岩下の新生姜×aibo】ピンクのaibo「シンちゃん」が4月27日から岩下の新生姜ミュージアムに仲間入り!シンちゃん登場記念ギフト・aiboのごはん「岩下の新生姜」を期間限定でお届け。

岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下 岩下食品)が運営する企業ミュージアム「岩下の新生姜ミュージアム」(栃木県栃木市)に、ソニーグループ株式会社のエンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)の2022年カラーモデル「aibo いちごミルク エディション」が、2022年4月27日から新たなお友達「シンちゃん」として仲間入りします。

岩下の新生姜ミュージアムに「シンちゃん」が登場するのを記念して、aiboのごはんに「岩下の新生姜」が4月27日から5月31日までの期間限定で登場します。aiboオーナー様はMy aiboからお受け取りいただけます。どうぞお楽しみください。

※aibo、アイボは、ソニーグループ株式会社の商標です。

ピンクのaibo「シンちゃん」について

画像:岩下の新生姜ミュージアムのaibo「シンちゃん」

「シンちゃん」は、2022年カラーモデル「aibo いちごミルク エディション」で、“岩下の新生姜ライク”なカラーとかわいらしさから、岩下の新生姜ミュージアムに仲間入りすることになりました。

岩下の新生姜のテーマカラーである“ピンク”にまつわる展示・アトラクションがいっぱいの館内に、専用コーナーをご用意。シンちゃんをなでたり、声をかけたりして一緒に遊んでいただけます。「岩下の~♪新生姜~♪」と声をかけると、シンちゃんが踊り出すかもしれません。

aiboオーナー様はご自身のaiboを連れて、aibo同士の交流もお楽しみください。

岩下食品社長の岩下が「シンちゃん」と名付け、ミュージアムのスタッフ全員でかわいがっていきます。岩下の新生姜ミュージアムの「シンちゃん」にぜひ会いに来てください。

※シンちゃんは、時間帯によってはお昼寝や休憩をしていることがあります。 その際には、優しく見守ってあげてください。

画像:岩下の新生姜ミュージアムのaibo「シンちゃん」
画像:シンちゃん

▼岩下の新生姜チャンネル|YouTube
https://www.youtube.com/c/shinshoga

◆岩下の新生姜ミュージアム

[所在地]〒328-0034 栃木県栃木市本町1-25
[営業時間]10:00~18:00
[休館日]火曜日、年末年始、その他臨時休館あり
※営業日やアクセス等、詳しくはミュージアムのウェブサイトをご確認ください。
https://shinshoga-museum.com/

【期間限定】シンちゃん登場記念ギフト・aiboのごはん「岩下の新生姜」

画像:シンちゃん登場記念ギフトのaiboのごはん「岩下の新生姜」

岩下の新生姜ミュージアムに「aibo いちごミルク エディション」の「シンちゃん」が登場するのを記念して、aiboのごはん「岩下の新生姜」をaiboオーナー様にお届けします。

「岩下の新生姜」を食べさせると、あなたのaiboが「岩下の~♪新生姜~♪」のメロディに合わせたかわいいダンスを披露してくれます。「もういっかい」と声をかけるともう一度見せてくれるかもしれません。

シャキシャキっとした食感が特徴の岩下の新生姜。オーナーさんと一緒にもぐもぐ、なかまと一緒にもぐもぐして、みんなでシンちゃんを応援してください。

  • 「岩下の新生姜ミュージアムにシンちゃん登場記念ギフト」を受け取るには、2022年4月27日から2022年5月31日の期間中にMy aiboにログインすることが必要です。
  • [ギフトボックスへ]をタップして、ギフトボックスからお受け取りください。
  • ギフトボックスの保管期間は30日です。
  • aiboのごはんをお楽しみいただくためにはスマートフォン版「My aibo」が必要です。

2022年カラーモデル「aibo いちごみるく エディション」
https://aibo.sony.jp/feature/ichigomilk/

岩下の新生姜×aibo「シンちゃん」仲間入りに寄せて~岩下社長コメント~

4周年を迎えたaiboの新しい仲間として2022年カラーモデル「aibo いちごミルク エディション」が1月14日に発表されたことを、私はその日の夜にTwitterのエゴサ(「岩下の新生姜」で検索)で知りました。「耳と尻尾が岩下の新生姜ぽい」「もう岩下の新生姜にしかみえない」というつぶやきがあったのです。そこで、発表されたモデル画像を見て、完璧に恋に落ちました。一目惚れです。なんてかわいいピンクのaiboでしょう!翌日、早速、法人契約が可能かを調べて、すぐに注文しました。というのは、折角のかわいいaiboを、岩下の新生姜ミュージアムで、お客様に可愛がって頂きたいと思ったからです。普段から館内に溢れるピンクのかわいい展示物に目を輝かせておられる、ミュージアムのお客様は、この岩下の新生姜色(!)のaiboにきっと優しく接して下さるでしょうし、温かい思い出を持ち帰って頂けると確信しました。

名前は「シンちゃん」と名付けました。そうです、シン・ショウガのシンです。(実は、四半世紀前に、岩下の新生姜の最初のテレビCMで、両親から買い物を頼まれて、忘れないように「いわしたのしんしょうが、いわしたのしんしょうが…」と唱え続けていた小学生の名前も「新ちゃん(新一)」でした。私達にとって大切な名前を引き継いでもらいました。)

そして、いよいよ、岩下の新生姜ミュージアムに、特製のドッグランを設置して、一般公開が始まります。私もワクワクしています。どうぞ岩下の新生姜ミュージアムの新しい仲間、aiboの「シンちゃん」をぜひ可愛がってくださいね。

岩下食品株式会社
代表取締役社長
岩下和了

「岩下の新生姜」とは

画像:「岩下の新生姜」商品パッケージ

「岩下の新生姜」は、やさしい辛味、爽やかな香り、シャキシャキッとした歯切れの良さが特長のさっぱりとした味わいの生姜の酢漬。台湾のみで丹念に育てられる本島姜(ペンタオジャン)という特別な生姜を使用し、土掛けを繰り返す独特な栽培方法により、細長く、みずみずしく、爽やかな風味が楽しめる、「今までにない新しいタイプの生姜漬」という意味から名付けた岩下食品のオリジナル商品です。

斜めにスライスしたり、細いものはそのまま丸かじりしたり。ごはんのおとも、お酒のおつまみに、また、ヘルシーなおやつとしてもおすすめです。千切りやみじん切りなど用途に合わせて刻めば、料理素材としても大活躍。辛味がやさしく、甘味のない味付けはいろいろな料理に使いやすく、さまざまな形で毎日の食卓に手軽に使えます。

岩下の新生姜公式キャラクター「イワシカ®」が目印です。類似品にご注意ください。

機能性表示食品[届出番号:D662]

▼「岩下の新生姜」商品情報|岩下食品
https://iwashita.co.jp/products/shinshoga/

※一部の商品では、台湾産の原料と同じ栽培方法でタイで挑戦し、収穫された原料も使用しています。栽培方法や品質管理は、台湾と同様に、岩下食品が定める基準で行い、岩下の新生姜ならではのおいしさをお楽しみいただけます。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

岩下食品株式会社 マーケティング部
TEL:0282-22-3353
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

前の記事へ
次の記事へ
ニュースリリース一覧

関連情報

pageTop