【11月25日から期間限定】MKレストラン全店にコラボメニュー『岩下の新生姜鍋スープ』『岩下の新生姜小籠包』が登場。

画像:【11月25日から期間限定】MKレストラン全店にコラボメニュー『岩下の新生姜鍋スープ』『岩下の新生姜小籠包』が登場。

岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下 岩下食品)は、株式会社プレナス・エムケイ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:野見山 将明)が運営するしゃぶしゃぶ・飲茶の食べ放題レストラン「MKレストラン」とコラボレーションし、岩下食品の代表商品「岩下の新生姜」を使用した『岩下の新生姜鍋スープ』と『岩下の新生姜小籠包』をメニュー化、「MKレストラン」全25店舗(東京都・福岡県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県)で2021年11月25日(木)から期間限定で提供されます。

今年も登場!『岩下の新生姜鍋スープ』

画像:岩下の新生姜鍋スープ
1987年の発売以来親しまれている岩下食品のロングセラー商品「岩下の新生姜」を使用し、とんこつ白湯スープを合わせた鍋スープ。とろみのあるスープは野菜などの具材によく絡み、生姜の効果で身体の芯からぽかぽかと温まる、寒い季節に嬉しい仕立てです。

鍋を楽しんだ後は、たっぷり具材の“ちゃんぽん”や水餃子をぐつぐつ煮込んだ“炊き餃子”がおすすめ。スープと一緒に味わう炊き餃子は、福岡発の新たな食べ方として人気です。

※期間限定『岩下の新生姜鍋スープ』は、「豚・鶏しゃぶしゃぶコース」「鶏しゃぶしゃぶコース(※一部店舗限定)」をご注文のお客様はお選びいただけません。

新登場!『岩下の新生姜小籠包』~飲茶付き食べ放題コース限定~

画像:岩下の新生姜小籠包
粗挽きの豚肉に、みじん切りにした「岩下の新生姜」をたっぷりと練り込んだ餡を、ピンク色の薄皮で包んだ『岩下の新生姜小籠包』が新登場。せいろで蒸しあげた小籠包は、粗挽き肉の弾力に加え、岩下の新生姜のシャキシャキとした歯応えが感じられます。

ぜひ酢醤油をつけずに、小籠包からあふれ出る熱々のスープと岩下の新生姜の爽やかな香りをお楽しみください。

※『岩下の新生姜小籠包』は、飲茶付き食べ放題コースをご注文のお客様のみお選びいただけます。

「MKレストラン」について

タイで展開する「MK RESTAURANTS」は、400店舗以上を展開するタイ最大手のレストランチェーンです。その「MK RESTAURANTS」のおいしさやオリジナリティをそのままに株式会社プレナス・エムケイは、日本国内で「MKレストラン」を展開しています。日本では他にない、しゃぶしゃぶと本格飲茶のレストランというスタイルをとっています。

しゃぶしゃぶは、選べる豊富なスープと、肉や野菜などの具材を豊富に取り揃えております。本場の味を体感できるソースとして、タイの「MK RESTAURANTS」から直輸入している30種の香辛料をブレンドした“MKソース” をご用意しています。本格飲茶は1つ1つご注文をお受けしてから調理を行い、できたて熱々をテーブルまでお持ちいたします。バラエティ豊かな商品を取り揃えております。

▼公式サイト
https://www.mkrestaurants.co.jp/
▼公式 Twitter
https://twitter.com/mkrestaurant_jp/
▼公式 Instagram
https://www.instagram.com/mkrestaurant_jp/
▼公式 Facebook
https://www.facebook.com/mkrestaurants.jp/

「岩下の新生姜」とは

画像:「岩下の新生姜」商品パッケージ
岩下の新生姜は、やさしい辛味、爽やかな香り、シャキシャキッとした歯切れの良さが特長のさっぱりとした味わいの生姜の酢漬。台湾のみで丹念に育てられる本島姜(ペンタオジャン)という特別な生姜を使用し、土掛けを繰り返す独特な栽培方法により、細長く、みずみずしく、爽やかな風味が楽しめる、「今までにない新しいタイプの生姜漬」という意味から名付けた岩下食品のオリジナル商品です。

斜めにスライスしたり、細いものはそのまま丸かじりしたり。ごはんのおとも、お酒のおつまみに、また、ヘルシーなおやつとしてもおすすめです。千切りやみじん切りなど用途に合わせて刻めば、料理素材としても大活躍。辛味がやさしく、甘味のない味付けはいろいろな料理に使いやすく、寒くなるこれからの季節、さまざまな形で毎日の食卓に手軽に使えます。

機能性表示食品[届出番号:D662]

▼「岩下の新生姜」商品情報|岩下食品
https://iwashita.co.jp/products/shinshoga/
画像:「岩下の新生姜」盛付例

プレスリリースに関するお問い合わせ先

岩下食品株式会社 企画開発部
TEL:0282-22-3353
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

前の記事へ
次の記事へ
ニュースリリース一覧

関連情報

pageTop