工場での取り組み

原料から商品に至るまで徹底した品質管理を実施しています。

品質管理の徹底

安定した品質で、安全な商品を。

常に安定した品質で、安全な商品を提供し続けるため、原料や商品の成分が、当社が定めた基準を満たしているかの検査を実施し、常に厳しい目で確認しています。また、海外においても、 日本と同様の考え方で取り組んでいます。

海外工場での取り組み

日本人社員を派遣し、日本の品質基準を守る。

「適地適作」をモットーに、新生姜・らっきょうの原料は海外で栽培されています。鮮度を重視した加工および徹底した品質管理を行うため、産地の協力工場(合弁会社を含む)に岩下食品の日本人社員を派遣。現地スタッフと協力して日本と同じ高い品質基準を守っています。現地スタッフひとりひとりが日本の品質基準を理解し、実践するために、きめ細やかな指導を行います。長年かけて築きあげた海外工場との強固な協力体制のもと、高品質で安全な原料・商品づくりに取り組んでいます。

  • 原料の漬け込み管理 漬け込みタンク毎に漬かり具合をチェック。特にらっきょうの漬け込みにおいては、乳酸発酵の進行具合のコントロールに細心の注意をはらっています。年間を通じておいしいらっきょう漬をご提供するため、漬け上がり時期の見極めは特に気を配っています。

  • 加工指導 日本と同じ管理手法により、加工指導を行っています。新生姜・らっきょうともに手間がかかる大変な作業ですが、各工程毎に丁寧に指導し、安定した品質を実現しています。

  • 選別・検品指導 加工・包装・箱詰めまでの間に、目視による選別・検品を繰り返し行うとともに、機器でのチェックを実施しています。検品工程を徹底して組み込むことで、安心・安全をより確かなものにしています。

  • 成分検査・官能検査 塩分、酸分、肉質、風味などが岩下食品の規格に合っているか、検査を行います。

  • 調味資材の規格確認 現地で調達・使用する調味資材についても、日本の食品衛生法の規格を満たしたものであることを確認。加えて、アレルギー物質・遺伝子組み換え原材料の有無、牛由来の物質の有無についても確認します。

衛生管理活動

床ドライ化の実現と継続した衛生改善へ取り組む。

漬物づくりには大量の水を使用するため、漬物工場では長靴を履いて作業するのが当り前でした。しかし、工場内の余計な水は、様々な菌の媒介になる可能性があります。そこで、岩下食品の本社工場では、漬物業界としての視点だけではなく、食品製造業としてのスタンダードの確立を目指し、床ドライ化に挑戦しました。全員で知恵を出し合いながら、様々な工夫・改善を実施。そして2005年、ついに、漬物業界では例がない床ドライ化を実現しました。従業員教育、サニテーション、徹底した検査など、衛生管理活動は、終わることなく継続して進化しています。

品質マネジメントシステム

ISO9001:2008認証取得

岩下食品は、 品質マネジメントシステムISO9001:2008を認証取得。品質に関して組織を指揮し管理するために、品質および目標を定め、その目標を達成するシステムの国際規格に準拠した取り組みを実践しています。

pageTop