初午のお祝いは「岩下の新生姜入りいなり寿司」で。

2015.02.06
img_re013

佐野駅そばのふみきりにある「ふみきり寿司」は、明治10年創業の老舗寿司店。人気のいなり寿司は、1日に2000個、運動会シーズンなどにはなんと4000個も売れるという、佐野市民に人気のソウルフードです。

同店では初午に合わせて、2月から3月上旬までの週末限定で「岩下の新生姜入りいなり寿司」が登場します。「岩下の新生姜」を混ぜ込んだ酢飯を、甘めで食べ応えのあるいなり皮で包みました。
食べた分だけ願いが叶うという「初午いなり」。新生姜のさっぱり風味で食が進むので、いつもよりたくさん食べられるかも!?

●「初午」のいなり寿司について
初午とは、稲荷神が降りてきた事をお祝いする日。「いなり=稲が成る」と古来より五穀豊穣を祈願してきました。稲荷神の使いである狐の好物が油揚げであることにあやかり、初午の日に「いなり寿司」をいただくようになったとされています。

ふみきり寿司

住所 〒327-0846 栃木県佐野市若松町634
電話番号 0283-22-0603
営業時間 通常8:00~なくなり次第終了
定休日 水曜日
URL http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=6883/

 

前の記事へ
次の記事へ
ニュースリリース一覧

関連情報

pageTop